FC2ブログ

まんだらけ中野店にあるゲーム専門館ギャラクシースタッフのゲーム生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヤマモテブログ シーズン痛(85)

085.jpg


ドラクエヒーローズⅡ買いました?

ヤマダは買いました。面白いですよ。

面白いというより、「マリベルがかわいい」のほうがしっくりきますかね。

dq0508.jpg

声優の悠木碧さんはハマってますね

違和感なく「あ、マリベルだ!」ってなりました。

いや、声優全然詳しくないので深くは語れませんけど・・・



DQ7発売当時は「ツンデレ」なんて言葉もなけりゃ概念もない時代に

よくここまで(後に言う)典型的ツンデレが作れたもんだと思います。

ちなみにマリベルの名言の

「アルス、キーファ 遊んでくれて ありがと。つまらなかったわ じゃあね。」

は、最初の呼びかけと最後のじゃあねが省略されて紹介されることが多いのですが

ヤマダはそこにこそ、「つまらなかったわ」に対するフォロー、彼女の優しさと愛が凝縮してると思ってるので

「遊んでくれて ありがと。つまらなかったわ。」ではまだ必要不十分です。

未熟者めが。立ち去れい。









クッソどうでもええわこの話


今回からワケあってガラケー、スマホは紹介から外させていただきます。

すみません。


6210dca5.png
<DQ4>
○出た機種
FC,PS,DS

○オリジナル版との違い
PS - 8逃げ、カジノコイン838861枚、呪文耐性バグなどの修正。AI強化で遊びやすく。第6章のおまけ要素。
    まさかのアノ人がPTメンバー加入。え?すんなり加入しすぎじゃね?
DS - 手軽に遊べる修正がメイン。Lvアップ時の能力の上がり幅がデカい。やりこみ戦術のひとつだった通称「馬車殴り」は削除。



○やるなら?
難易度据え置きのPS版をオススメします。
厳密に言えばFC版のが「めいれいさせろ」がない上に、CPUのAIがヘボくて難易度が高く、やり応えがあるのですが・・・
アレはただの理不尽ってもんです。ザラキ神官いい加減にしろ。
ちなみにFC版のAIは成長システムを取ってるので、こいつにはザラキが効かないと覚えるまでやらせればザラキしなくなります。
戦闘回数少ないと回復AIがへっぽこなのもあって、余計に難しくなるのですね。
だから回復はザラキしないミネアのが良くて、火力はヘンな場面で補助魔法使わない殴り屋のアリーナ・ライアンが安定してて強いって図式になります。
え?トルネコ??ガーデンブルグの牢屋にいるんじゃないですかね?



DQ5-logo.png
<DQ5>
○出た機種
SFC,PS2,DS

○オリジナル版との違い
PS2 - 戦闘メンバーが3人から4人へ。DQ7のような疑似3Dマップに。追加モンスターや仲間モンスターも増量。
DS - 手軽に遊べる修正がメイン。第三の花嫁デボラが出現。実はステータス的には最強。ネックは覚える呪文の少なさですが(メラゾーマ・イオナズンを覚えない)、結局はバイキで殴るほうが強いわけで・・・全く気になりません。


○やるなら?
断然PS2版です。
DQ7で好評だった仲間に話すシステムもあり、あのシーンではコイツこんなこと思ってたのか!!と新しい発見も。
(中盤、仲間がモンスターしかいなくて話しかけても「プゲラー!!!」とか「ゴゲー!!」ばっかの時期がありますがね)
フルオーケストラによる世界観演出を筆頭に、難易度もほどよく、オマケ要素もあって遊び応え抜群。
EDを迎えたときはまるで世代をまたにかけた大河ロマンを読み終えたような感覚です。
戦闘メンバーが3人から4人に増えてヌルゲー化するかと思いきや、モンスターも全体的にやや上方修正。
SFC版でも猛威を振るったブオーンに至っては、行動ルーチンが完全二回行動化しててまさに鬼神のような強さです。
何より、パパスの例のシーンが専用イベントシーンになってるのはPS2版だけです。
デボラが好きな人はDS一択。あ、ヤマダはビアンカ派です。



logo_dq6_normal.png
<DQ6>
○出た機種
SFC,DS

○オリジナル版との違い
DS - 手軽に遊べる修正がメイン。が、仲間モンスターシステム削除(なぜ?)。「おもいだす/わすれる」の廃止。

○やるなら?
「とりあえず」ならSFC版です。
SFC版は戦闘の難易度が高いのと、敵のHPが全体的に高く、戦闘アニメも入ったことで1戦あたりの時間が長い。
しかしグラフィックは間違いなくSFC最高峰。ヘタしたらⅦと同等。異様に長い戦闘演出もなく、飽きが来ないです。
Vまでの歴代シリーズと比べると、中盤以降に一気に活動できる範囲が膨れ上がり、サブイベントの目白押し。
それらを調べて回るのは、世界の断片をつなぎ合わせていくようで非常に楽しいです。



4~6全部オリジナル版を全て巡って、戻ってくるのはリメイク版です。
DS版は好評を得た仲間モンスターシステムの削除もあり、評判はよくないです。
難易度もガッツリと下がり、ウリだったキリキリとした緊張感をもった自由な探索の楽しさ薄れます。
しかし、Ⅶ譲りの仲間会話システムが非常にいい味を占めています。
SFC版ではEDのバーバラの突然の言葉にびっくりした人も多かったと思います。
その気持ちの移り変わりが、シナリオを追って語られるので、バーバラのためのゲームだったのではないかと思います。
特典でついてくるカードもバーバラですし・・・

曲解だとする人もいますが、4~6の天空シリーズはバーバラがいなければ起こりえなかった物語であるとする人もいます。
時系列で言えば6は天空編の最初。まさにロト編の3の位置づけになります。
細かく読み解けば納得の出来です。




・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・



含みのある言い回しが多くなりましたが


ロト編に続いて天空編でした。



さぁみなさんも




レッツ



ドラゴンクエスト!!

  1. 2016/06/03(金) 13:46:18|
  2. ヤマモテブログ シーズン痛

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。