まんだらけ中野店にあるゲーム専門館ギャラクシースタッフのゲーム生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヤマモテブログ シーズン痛(86)

086.jpg

今回で7・8と紹介してDQリメイク比較は終わるトコロなのですが

ワケあって7だけ紹介・・・

というのも、実は3DS版の8、まだ全部やりきれてないのです。

まだエンディングを見てもいないのに紹介だなんてできませんからね。

未熟者でした。




先週の一文「未熟者めが。出直してまいれ。」がブーメラン。デュアルカッター。



logoのコピー

<DQ7>
○出た機種

PS,3DS

○オリジナル版との違い
大幅リメイク。シンボルエンカウントの採用。キャラもマップも完全3D描写に。BGMもフルオーケストラ。
石板探しが苦痛であると酷評が多かったため、石板の場所の変更、さらに取り逃した石板の場所を知ることのできるお助けキャラの登場など、ほぼストレスなくスラスラと進めることができるようになった。



○やるなら?
PS版の方が勝っている点がこれといってないので3DS版でOKです。
職業のシステムもそこそこ変更されており、「ゴッドハンドと勇者だけは転職しちゃならねぇ」と言えるほどぶっ壊れ性能。
モンスター職で覚えた特技は忘れないので、いろいろできる最強キャラを目指すならモンスター職を網羅していくとよい。



○ヤマダの所感
7は登場するキャラの個性の薄さがネックで、「全編通して救いのない陰鬱で悲惨なストーリー」の印象が強いです。
だからこそ、キャラを3Dモデルにした恩恵は大きいかもしれません。
PSではドット絵だったので、キャラの動きで性格を表現することができなかったのですが
3Dモデルキャラになったおかげで、しぐさからキャラの性格を読み取れるようになった。
セリフだけじゃなくて、キャラが全身を使って気持ちを表現してくれるので物語に没入してドンドン読み進めてしまいます。
リアルタイムでPS版をプレイした時より、ずっとずっと楽しかったです。

マリベルが父親の病気が原因でPTから一時離脱するとき、
「こんな大事な場面でなんで抜けるんだよ!!親父は母さんに任せとけよ!!そもそもマリベルはワガママすぎ!!」
とか思ってましたが
しっかり見てみると、気品があってプライドが高く、でも照れ屋で思いやり深くて優しくていい子なんです。

bfdd8201.jpg
↑ドラゴンクエストヒーローズⅡではPTに必ず入れてます



・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・





だがキーファ、テメーはダメだ。












種 返 せ






























<余談>

DQ7においてのシナリオ考察なのですが
「キーファ=オルゴ・デミーラ説」というのがあります
親友だった2人が世界を救う者と世界を滅ぼす者で対峙する。
陰鬱なDQ7のシナリオのシメにはおあつらえ向きすぎて・・・

いろいろあってキーファは途中離脱し、帰ってこないのですが
物語中盤に、その子孫であるというアイラが仲間になります。
アイラはグランエスタード王族の譲り受けた伝説の武具「王者の剣」と「王族の鎧」を全キャラで唯一装備できます。
アイラ=キーファの子孫説はほぼ間違いないでしょう。

その後のなんやかんやは説明するととんでもないテキスト量になるので端折りますが

・キーファ離脱後もEDまでずっと、兄のキーファのことを心配し続けるグランエスタード王女のセリフが定期的に変わること
・ラストダンジョン入口にまるで用途のない「ラーの鏡」が置かれていること
・主人公専用技に「マジャスティス」があるがシナリオ上一度だけ、全ての魔法をかき消すために使うのみで実際は「劣化版いてつくはどう」であること
・苦心の果てにオルゴ・デミーラ討伐後、EDのラストシーンにおいて漁師として生きる主人公の元に、一枚の石板が流れ着く。
・そこには「どんなに はなれていても オレたちは 友だちだよな!」の一文。それを最後のシーンにこのゲームは終わります。
・PS版DQ7のキャッチコピーが「人は、誰かになれる」



DQ7の副題が「エデンの戦士たち」なのは旧約聖書「創世記」のアダムとイヴの話のオマージュかと思われます。
この世に一つしかない小さな平和の島で、主人公がマリベルの「やめときなさい」という注意を聞かずに、キーファに誘われるまま石板を手にすることで人間の歴史の闇の部分を見てしまった。
というのは
聖地エデンでアダムが蛇の誘惑のまま禁断の果実を食べてしまい、人間が知恵をつけた故に争い始めてしまうという流れに似てます。






・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・




もちろんこれらは「たらればの話」に過ぎず、仮説です。

シナリオはゲーム中に回収できる情報が全てで、それ以上はありません。

しかし不自然に回収されていない伏線や、思わせぶりな終わり方をする町シナリオが存在するのも事実です。



いろいろな考察や、それを立証できるだけの謎があり


しかしどれも仮説を裏付ける決定打にはならないというのも


またドラゴンクエストの魅力ですね





国民的RPGの奥底は計り知れません
  1. 2016/06/10(金) 13:35:06|
  2. ヤマモテブログ シーズン痛

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。